本文へスキップ

草の根事務所は岐阜県各務原市で相続や遺言,後見業務,労働問題,債務整理など身近な問題を扱っている司法書士・社会保険労務士事務所です

TEL. 058-322-7425

〒504-0911 岐阜県各務原市那加門前町三丁目62番地

事務所方針CONCEPT

事務所方針

司法書士は
★不動産や法人などの「登記業務」
★成年後見などの「財産管理業務」
★140万円以内の「訴訟代理業務」(民事の簡易裁判所に限る)
★調停や破産の申立といった「裁判所提出書類作成業務」     などを行う国家資格です。

 当事務所では,従来からの登記業務だけではなく,
 個人客を対象にして,相続や遺言・後見業務・空き家問題・借金問題・労働問題などの
 生活に密着した問題に積極的に取り組んでいます。
 法律にかかわるような問題だけど「どこに相談したらよいのかわからない。」
 そんなときにはまずお気軽にお電話ください。

 くらしの相談窓口としてご利用いただければと思います。


司法書士・社労士

CEO
「最も身近な法律アドバイザーでありたい。」と考えています。

私たちは司法書士は,法律実務家であり,登記や財産管理の専門家です。
裁判事務なども行いますが,弁護士とは違い業務に制限があります。
具体的には訴額で140万円を超える紛争や家事事件の代理人にはなれません。
従って複雑な事件になれば,他士業(弁護士や税理士)・他業種との連携が不可欠になります。
これは一見デメリットにも思えますが,実はこれこそが司法書士の良さであり,最大のメリットであると考えています。
多くの専門家の意見を交えることによって,独善的な判断を避けることができます。
また,調停や本人訴訟などにおいては依頼者と二人三脚で事件を進めていきますので,依頼者にとって満足度の高い結果になることもあるのです。
人生において直面する問題や悩みの多くは日常生活に関するのものであり,ちょっとした知識があれば回避できるものがほとんどです。
大は小を兼ねますが,小さな棘を抜くのに大きな鉈を用意する必要はありません。
もし我々で対処できない難しい問題であれば,無理をせず弁護士さんにお願いすればよいと考えています。
我たちには多くの仲間がいます。 
相続や後見,借金,労働トラブルといった身近な法律問題の最初の相談窓口としてご利用ください。