遺言

遺言は最も効果的でポピュラーな相続対策です。
残された家族にとって被相続人の考えを知ることはとても重要になります。
被相続人の思いがわかれば無用な争いを避けることができますし,その後の手続もスムーズです。
特に子のない夫婦間では遺言書の有無で相続手続の煩わしさが大きく異なってきます。
財産の多寡にかかわらず,残された者への最後の手紙として遺言書を作成しましょう。

遺言書の作成方法は大きく分けて2つの方法があります。

  1. 公正証書遺言
  2. 自筆証書遺言

それぞれメリット・デメリットはありますが,適法に作成された遺言書であれば法的効果に違いはありません。
当事務所では公正証書をお勧めしておりますが,迷いがあれば安価な自筆証書でもよいかとも思います。
形式的なルールはありますが,ご自身の気持ちを伝えるツールですので難しく考えることはありません。
遺言は何度でも作り直すことができます。思い立ったらなるべく早めに作成するようにしましょう。

死後事務

葬儀の依頼や官庁への届出など死亡後の事務手続を行います。