法務局による遺言保管制度①

令和2年7月から自筆証書遺言が法務局で保管できることになりました。
遺言の紛失のリスクがなくなるとともに、家庭裁判所での検認手続きが不要となります。
公正証書遺言と違い遺言内容のチェックはありませんが,手数料が低めに設定されていますので,
なるべく手数料を抑えたいという方にはお勧めかもしれません。

Follow me!

法務局による遺言保管制度①” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA