相続人

誰が相続人となるかは法律(民法)で定められています。

①子がいれば子
②子がいなければ親(祖父母)
③親(祖父母)が既に無くなっている場合は兄弟姉妹

の順番で法定相続人が決まります。

又、配偶者は上記①、②、③のいずれの場合においても相続人となります。

法定相続人となる人が既にお亡くなりになっている場合は
孫や甥姪が代襲して相続人となります。(「代襲相続人」)



次の記事

相続とは