相続放棄

「相続放棄」とは、被相続人の財産について相続の権利を放棄することです。

被相続人が生前に多額の借金をしている場合やその他の理由で相続人となりたくない場合に
家庭裁判所に放棄の申立てをします。

遺産分割協議で財産をもらわない場合と異なり、放棄の申立てが受理されると最初から相続人ではなかったこととなります。
(遺産分割協議より他の相続人に取得させるのが一般的で簡素です。)

「相続放棄」の申立ては、自分が相続人となったことを知ったときから3か月以内にする必要があります。

また、財産の一部を使用してしまった場合は放棄が認められないことがあるので注意しないといけません。