法定相続分

民法では、遺産をどのように相続するかの目安が定められています。この目安を「法定相続分」といいます。

これは、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、絶対的なものではありませんので、分割協議ではこれにとらわれることなく、法定相続分とは異なる割合で相続することも可能です。

法定相続分(取得割合)

(1)配偶者と子が相続人である場合
   配偶者1/2 子1/2(÷子の人数)

(2)配偶者と直系尊属(父母や祖父母など)が相続人である場合
   配偶者2/3 直系尊属1/3(÷直系尊属の人数)

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
   配偶者3/4 兄弟姉妹1/4(÷兄弟姉妹の人数)

なお、子、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときには、原則として均等に分けます。

また、遺留分は通常、法定相続分の1/2で計算されます。

次の記事

遺留分