遺留分

相続においては、「法定相続より遺言が優先される」という原則があります。

被相続人は、遺言を作成することにより誰にでも自分の遺産を渡すことができますが、
遺言の内容によってはもらえるはずの遺産を受け継げないといった遺族が出てくることがあります。

そこで、相続人の最低限度の生活保障という観点から、
本来相続できる取り分のうち一定額までは相続人が確保できるようにする必要があります。
これを「遣留分」といいます。

遺留分が認められるのは、被相続人の配偶者と子、孫などの直系卑属と父母、祖父母などの直系尊属で、基本的には法定相続分の1/2の割合になります。
兄弟姉妹には遺留分はありません。

また、遺留分は当然認められるものではなく、遺留分を請求するためには「遺留分侵害額の請求」を行う必要があります。